toggle
2020-02-17

味噌づくりの原点

世の中いろいろあって、
ヨガの練習者として、なにができるだろう。
アーユルヴェーダを学ぶ者として、なにができるだろう。とここ最近考えています。

やみくもに不安がらないよう、アーサナのあと静かに座って瞑想してみる。
ざわついた心が落ちつき、
ざわついていたんだということに、
気がつく。

家族と大切な人たち、自分自身の健康を守るために学び始めたアーユルヴェーダ。
その智慧は深い。けれども決して遠くにあるわけではなく、人のことを想い生まれた懐の大きい教え。

トゥルシー茶をのんだり、
生蜂蜜を舐めたり、
ナスヤしたり、
味噌作りの原点だって、自分たちで食べるものを自分で作ることが、
きっと家族の健康を守ることに繋がると信じているから。

味噌作り後は部屋中に娘が撒き散らした麹を掃除するのが大変。(←夫が)
そういう面倒くささはついてきますけれども、そういうのが好きみたいです。

Camatkara yogini 慈香

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です