toggle
2020-07-27

詩が与えてくれる力

詩は力を与えてくれます。

水たまりに迷いなく飛び込んでいける子どもが眩しいです。
羨ましくもあり、後のこと(あーどろどろ、洗濯が〜)を考えると…笑

子どもについて

あなたがたの子どもたちは
あなたがたのものではない。

彼らは生命そのもの
あこがれの息子や娘である。

彼らはあなた方を通して生まれてくるけれども
あなた方から生じたものではない、
彼らはあなた方と共にあるけれども
あなた方の所有物ではない。

あなた方は彼らに愛情を与えうるが、
あなた方の考えを与えることができない、
なぜなら彼らは自分自身の考えを持っているから。

あなた方は彼らの体を宿すことができるが
彼らの魂を宿すことができない、
なぜなら彼らの魂は明日の家に住んでおり、
あなた方はその家を夢にさえ訪れられないから。

あなた方は彼らのようになろうと努め、
彼らに自分のように鳴らせようとしてはならない。
なぜなら生命はうしろへ退くことはなく
いつでも昨日のところに
うろうろ ぐずぐず してはいないのだ。

あなた方は弓のようなもの、
その弓からあなた方のこどもたちは
生きた矢のように射られて前へ放たれる。

射るものは永遠の道の上に的をみさだめて
力いっぱいあなた方の身をしなわせ
その矢が速く遠くとび行くように力をつくす。

射る者の手によって
身をしなわせられるのをよろこびなさい。
射るものはとび行く矢を愛するのと同じように
じっとしている弓をも愛しているのだから。

ハリール・ジブラーンの詩
神谷美恵子 より抜粋

この詩を読んで、心が震えました。
わたしは弓であれるだろうか。
弓でありたい。

Camatkara yogini 慈香

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です